心臓腫瘍で最も多いもの


  粘液腫とは名前の通り、一般的に形状が不規則であり、ゼリー状の非癌性原発性腫瘍のものである。
  心臓に発生する腫瘍のなかで、最も頻度の高いものが粘液腫だ。4分の3は左心房内で、しかも心房中隔の卵円に発生し、腫瘍の一部がちぎれて全身に寒栓を起こしたり、大きな腫瘍では弁をふさいだりして循環動態に影響を与えることがあるので、注意が必要である。

  家族間で遺伝するものがあり、遺伝性の粘液腫はたいてい、20代半ばの男性に多い。
  女性の場合は遺伝性のものではない場合が多く、特に40?60歳の女性によく発生する。
  遺伝性ではない粘液腫は、遺伝性の粘液腫に比べ、左心房により多く生じる傾向が強い。
  症状の現れ方は、体重減少、貧血、発熱、易疲労感(疲れやすい)、レイノー現象(手足の指先が寒気にさらされたように冷たくなって痛む)、血小板数の低下などの非特異的症状や、労作時の呼吸困難感などの心不全症状、腫瘍塞栓による神経症状などで受診することが多く、腫瘍が大きくなると僧帽弁にはまり込み、失神や突然死を起こすこともある。

  血液検査で、貧血、赤血球沈降速度の亢進、ガンマグロブリン上昇など、慢性炎症所見が認められ、腫瘍が大きくなれば拡張期の過剰心音(僧帽弁から血液が逆流する僧帽弁逆流)により生じる心雑音が聞こえる)が聴取され、非常にまれなものは粘液腫による僧帽弁の損傷、比較的多くみられるものはリウマチ熱による損傷だ。
  腫瘍かリウマチ熱かは普通、心音と病歴から鑑別できる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド