変形性関節症の原因 


  変形性関節炎は70歳までのだれもがおきる可能性をもった関節疾患の中でも最も多い病気である。
   70歳までのとはいっても40歳以前であれば、男性の方が多くかかり、原因も怪我によるものが多い。

   70歳以降になると逆になり、女性に多くみられるようになる。
   また、変形性関節症は、人間だけにみられる病気ではなく、脊椎動物のほぼ全部にみることができる。
   変形関節症は、関節の軟部骨組織とその周辺の組織に変性がおこる病気である。
   変形性関節症が起きる原因は、軟骨組織を構成しているコラーゲンやプロテオグリカンを合成する働きをもっている軟骨細胞が異常をおこして発症するのではないかと考えられといる。 軟骨細胞が異常をきたすことで、軟骨組織は柔らかくなり腫れ、表面に亀裂ができてしまう。 そして小さな空洞が軟骨下面の骨にでき、もろくなり、関節の辺縁の骨が増殖してしまう。 こうなると骨棘と呼ばれる隆起ができ、関節は滑らかな動きをすることができなくなる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド