変形性関節症を悪化させるもの 


    関節に痛みがある時など、関節を休ませる必要があるが、運動を何もしない状態でいることは、変形性関節症を悪化させることへつながる。
   変形性関節症の場合には、適度な運動を行うことで、軟骨組織が健康な状態を維持することができ、可動域を広げることができるので、周りの筋肉を鍛えることができ、外部からの衝撃を関節が吸収することができるようになる。

   また、車に乗る際もいつもより前の位置にシートをもっていくようにし、固めのマットレスをしようするようにするといったことが改善へとつながる。 変形性関節症は治療の薬といっても痛みを抑える為の薬になる。
   どうしても痛みをとることができないなどの場合には、人工関節置換術といった手術を行うこともあるが、人工関節には寿命があり、取り替える必要が出てくるので、出来るだけ取り換える回数を減らす為、若い人の場合には、出来るだけ先に延ばすような処置がとられる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド