呼吸を助ける為の吸入治療


  吸引とは、肺に通じる“空気の通り道“である気道に、咳では吐き出せない溜まった分泌物を取り除くために、看護師や呼吸療法士が細いプラスチック製の液体を通す管を鼻から通し、気管の中へおおよそ10cmほど挿し入み、適度な吸引力で吸いだし、呼吸する際の空気の通路を確保することを行う行為である。
     また、人工呼吸器を使用している患者や、気管切開、期間内挿管をしている患者に対しても、楽に呼吸ができるように分泌物を除去するためにも吸引を行うことがある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド