呼吸訓練とはどういったものか 


   慢性閉塞性肺疾患があるために日頃あまり運動できない人や、人工呼吸器をつけている人に特に有効とされる訓練を呼吸訓練という。
   呼吸訓練をすることで、肺の機能を直接向上することはできないが、肺を縮ませたり、膨らませたりすることで、筋力の強化に効果があるともいわれている。また、喫煙者や、肺に病気のあるなどの患者に対しても手術後の肺の合併症を起こすことを防ぐことができる。

   呼吸訓練には肺気量、肺活量を測定するインセンティブ・スパイロメトリーというプラスチック製の機器についている管に、息を吐き出すことで機器の中にあるボールを1回の呼吸のたびにボールが持ち上がるしくみになっている訓練機器を用いて、消灯までの間に毎時間5回から10回程続けてこの訓練をすることを理想としている。しかしながら、呼吸療法士や看護師と共に行う腹式呼吸訓練のほうが、インセンティブ・スパイトメトリーを用いた呼吸訓練より優れた効果を得ている。

   慢性閉塞性肺疾患の患者には、気道の狭窄によってパニックや発作、運動などにより過度に膨らませてしまった肺に行われる時に役立つ方法を、口すぼめ呼吸という。
   口すぼめ呼吸は、患者の気道がつぶれるのを防ぐため、日々の呼吸訓練に加えて、口笛を吹くように、口を半分とじた状態で息を吐き、気道内の圧力を高める方法である。

   口すぼめ呼吸をする際はテーブルなどに手や腕をつき、体を支え、前かがみになった状態で行うと、極めて大切な呼吸筋である横隔膜の機能を改善させ、息切れを軽減させることができるため、呼吸を楽にすることができる。また口すぼめ呼吸は副作用などもなく、自然とそういう呼吸をしている患者もいる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド