急性気管支炎について学ぶ 


   <急性気管支炎
   感染性気管支炎は主に冬場にウイルスが原因で気管支の粘膜に炎症が起きる。感染の刺激が原因のため、ウイルスが体からなくなっても、数週間は症状が持続することがある。

   インフルエンザウイルスなどのウイルスにより起こるウイルス性気管支炎や、上気道のウイルス感染の細菌が原因で起こる感染性気管支炎、若い人には主に肺炎マイコプラズマ肺炎クラミジア、また中高年以上の人は肺炎球菌、モラキセラカタラーリス、インフルエンザ菌が原因の細菌性気管支炎や、細菌・ウイルスの重複感染で気管支炎を起こすこともある。
   慢性的な肺疾患の患者や喫煙者は特に急性気管支炎に繰り返しかかりやすい。また、アレルギーや慢性副鼻腔炎、気管支拡張症の場合や子供や高齢者の栄養不良状態の際は、上気道感染から急性気管支炎を起こる可能性が高くなり、急性気管支炎を繰り返し発症する。またアデノイドや扁桃腺肥大がある子供も同様である。

   産業・環境性気管支炎と呼ばれ、様々な鉱物性、植物性の粒子の吸引やアンモニア、有機溶剤、塩素、臭素などのガスを吸引したことが原因で引き起こし刺激性気管支炎になることもある。。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド