気管支炎の診断・治療や症状



気管支炎の症状
   一般的に風邪症状といわれる鼻水、のどの痛み、悪寒、微熱が始まるのが感染性気管支炎である。急性気管支炎が発症すると、乾いた咳が出て、咳と共に少量の白い痰がでたらウイルス性気管支炎、痰の色が緑や黄色に変わると細菌感染を合併したことがうかがえる。

   重症の気管支炎の場合、ウイルスが気管支の上皮細胞を傷つけられ、その回復に時間がかかるため、抗生物質による治療をしても治るまでに数週間、またそれ以上かかることがある。また急性気管支炎では低刺激物や外気の吸入、強い匂いをかぐなどの気道の過剰反応により肺に流れ込む空気量が減少する一時的な狭窄があり呼吸しにくいことがある。

   重度の場合は咳をした後にゼイゼイと喘鳴が聞こえ、息切れが起きる。もともと慢性閉塞性肺疾患や喘息など、慢性的な肺疾患にかかっていた人に限り、急性呼吸不全や肺炎などの重い合併症にかかる可能性がある。

気管支炎の診断・治療
痰や聴診でヒューヒューという喘鳴が聞こえ、肺炎と診断されなければ気管支炎である。咳が2か月以上続くなどの重い症状の時は、肺炎かどうかを見極めるため、胸部X線検査をする。 治療にはひどいせきを抑えるための、せき止め薬、気管支内の痰を体外に吐き出すことを促すために、去たん薬を用いる。解熱、全身症状の緩和に、アスピリンなどの処方、また子供にはアスピリンを与えず、アセトアミノフェン、イブプロフェンのみを服用する。急性気管支炎で熱がある患者には十分な水分を摂取し、安静にさせることが大事である。

   細菌感染が原因の急性気管支炎の治療や細菌性気管支炎、もともと肺疾患がある患者には、様々な抗生物質が使われる。効果は高いが、金額が高いため、最も重症な肺炎患者に使われるのが一般的である。子供には症状が長時間続いたり、重症の場合でない限り、アモキシシリンを処方する。

   ウイルス性気管支炎には抗生物質は効果がないが、インフルエンザが疑われる際は抗ウイルス薬が有効である。

   その他、冷たい蒸気が出る加湿器やスチーム加湿器や、温かい蒸気がある湯船を使い、気道内の空気を増やす吸入治療を行ったり、一時的に気道を開き、喘鳴を鎮める気管支拡張薬を使用したり、定量噴霧式吸入器でステロイド薬を吸入し、せきや炎症を抑制したり、感染症が治癒した後もせきが続くような、気道の過剰反応を抑制する治療もある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド