薬を吸収する方法


  薬が血液中に移動することを薬の吸収と言う。
   吸収は、薬が標的部位に到達する速さ、量など、生体内利用率に影響される。製剤の設計方法や製造方法、物理的特性、化学的特性、薬の服用者の生理的特性などが要因となる。内服した薬の吸収に影響する生理的特性は、胃が空になるまでの時間、胃の酸性度(pH)、薬が消化管を移動する速度などがある。

  薬の実際の剤形のことを製剤と言い、錠剤やカプセル、座薬、経皮的パッチ剤、溶液などの種類がある。製剤は有効成分である薬と、添加剤などの非活性成分から成り、錠剤は薬と希釈剤、安定剤、錠剤分解物質、潤滑剤との混合物であり、この混合物を顆粒化し、圧縮して錠剤が作られる。添加剤の種類、量、圧縮程度により、錠剤の分解速度や薬の吸収速度が異なる。
  錠剤は薬物放出が速過ぎると、薬の血液濃度が高まり過ぎ過剰反応を引き起こし、薬物放出が遅過ぎる場合は、薬の大半は吸収されないまま便と一緒に排泄されてしまう。
  カプセルはゼラチンシェルで薬と添加剤が包まれた物であり、シェルは濡れると膨張して中身を放出し、分解は素早く行われる。

  薬の溶解速度や吸収速度は、薬の粒子の大きさと添加剤の性質により異なる。中身が液体のカプセルの方が固体の粒子に比べ吸収が速い。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド