乾癬性関節炎の症状と治療


   炎症性関節炎の一種である乾癬性関節炎は、皮膚や爪に乾癬がある人の7%程に発症する病気で、関節リウマチとの共通点もみられるものの関節リウマチ特有の抗体は産生しない。
   中には、エイズ患者に発生することもある。
   乾癬性関節炎の炎症は、手足の指の関節に現れることが多いが、股関節や脊椎といったその他の関節も発症することがある。
   羅患した爪に隣接している指の関節も侵され、場合によっては、関節と皮膚に一緒に症状が現れることもある。

    関節リウマチに比べると乾癬性関節炎は障害を起こす関節が少ないことに特徴があり、経過の見通しも関節リウマチより良好である。
   しかし、絶対的に軽く済むということはなく、重度の損傷が関節に生じることもありえる。
   乾癬性関節炎の場合には、診断を確定する検査というものはなく、X線検査のよる検査も行われますが、関節障害の範囲を知る程度にとどまる。
   診断は、本人やその家族に乾癬の病歴があるかということと関節に特徴的な炎症をみることができるかにより確定することになる。
   乾癬性関節炎は、皮疹のコントロールと関節の炎症を軽減させることを目的とした治療が行われる。

   乾癬性関節炎に使用される薬剤である金製剤、メトトキサート、スルファサラジン、腫瘍壊死因子阻害薬などは関節リウマチで使用される薬剤と同じものになる。
   また、乾癬性関節炎も重傷の場合には、エトレチナートという、ニキビが重傷化した際などに使用される薬剤が使用されるが、重い副作用の可能性や先天性異常の原因ともなるので、妊婦などには使用することができない。
   このエトレチナートは、体内での残留期間も長いため、使用した際には、使用後1年以上の期間をあけないと妊娠しないようにする必要がでてくる。
   メトキサレンを使用する場合には、メトキサレンの経口投与と伴に紫外線A波を照射の治療を受ける場合もあり、この治療法では、皮膚の症状と関節の炎症を軽減するのに、とても有効となる。 しかし、脊椎の炎症に対しては、効果を得ることができない治療法である。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド