強直性脊椎炎の症状と治療 


   強直性脊椎炎は脊椎やその他の大きな関節に起こる炎症で、男性の発症が女性の発症の約3倍近くにのぼる。
   また、その多くは20~40歳で発症している。
   強直性脊椎炎は両親や兄弟姉妹に強直性脊椎炎である人に10~20倍発症しているため、原因は、家族性の遺伝的因子が関与している可能性が考えられるが、はっきりとはわかっていない。

   強直性脊椎炎の症状は背部痛が多く、その程度は人により違い、発作によって同じ人でも痛みの程度に違いがある。
   疼痛は朝や夜になると悪化することもあるが、早期でのこわばり感は、体を動かすことで改善されることが多い。
   腰痛やそれに伴った筋のれん縮の場合は、前屈することで和らぐこともある。
   強直性脊椎炎は、前屈姿勢になることがしばしばあり、また、その体勢のまま固定してしまうこともある。
   背部痛は食欲不振・体重減少・疲労感・貧血といった症状も伴ってくる。

   強直性脊椎炎で肋骨と脊椎をつなぐ関節に炎症があれば、深呼吸するだけで痛みが生じ、胸が拡張できなくなることがある。
   また、股関節・膝関節・肩関節といった大きな関節から痛みが生じることもある。
   強直性脊椎炎の治療は、脊椎の変形予防、改善と関節の疼痛を軽減する為に行われる。
   非ステロイド性抗炎症薬を使用すると痛み、炎症を和らげることができ、姿勢を保つ為のストレッチや深呼吸といった運動がしやすくなる。

   スルファサラジンは関節痛を和らげる為に使用され、エタネルセプトやインフリキシマブは痛みと炎症を抑える為に使用される。
   ステロイド剤も使用されるが、短期間で、関節や目の炎症を抑える為に使用される。
   また、激しい痛みや筋れん縮を抑える為に筋弛緩薬やオピオイド鎮痛薬を使用することもあるがこれも短期間の使用となる。
   しかし、股関節や膝関節に浸食が生じたり曲がったままになっている場合には、手術により関節を置換え痛みを軽減し、機能維持をすることもある。
   強直性脊椎炎の治療は、適切な姿勢で、背筋が鍛えられるようにするため長期的になり、毎日の運動による治療を行うこととなる。 運動を毎日おこなうことで、筋肉を鍛え、曲がったのとは違う方向に動かすようにする。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド