冠動脈疾患の予防


  冠動脈疾患は危険因子を修復することによって予防でき、危険因子の中には相互に関連するものがあり、その1つを改善すると関連のある別の危険因子をも改善することになる。
  禁煙は最も重要で、禁煙で冠動脈疾患の発症リスクは、喫煙を続けている人の半分に減る。 この場合、禁煙するまでの喫煙期間の長さは関係無く、禁煙によって冠動脈バイパス術後や心臓発作後の死亡リスクも減少する。

  毎日のカロリー摂取量のうち脂肪の割合が25?35%を超えないように制限することが勧められる。 運動不足、肥満、コレステロール高値、高血圧、糖尿病に関しても、危険因子のため、日常の生活習慣に注意が必要である。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド