肺疾患の栄養指導とカウンセリング 


   肺疾患の患者にはよく体重の減少が見られる為、栄養学的なカウンセリングと評価が必要だ。特に重症の慢性閉塞性肺疾患の患者は特に気をつけなければいけない。

   呼吸リハビリテーションプログラムをすることで、体重減少を予防し、筋力の維持ができる。食べ過ぎると呼吸も苦しくなるため、食べすぎを避けながら、十分なエネルギー量が摂取できるような食事方法を教わることができる。

   ただし、運動量が減ってしまったために、逆に体重が増えてしまう患者もいる。そうなると呼吸がさらに困難になるため、体重減少させるプログラムが必要となる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド