薬の知識と正しい服用方法 


   病症が悪化した肺疾患の患者は、複数の薬を正しく服用しなければならないために、薬を摂取するための複雑なスケジュールに従わなければならない。
   そのため、リハビリテーションプログラムにてあらゆる薬の適切な服用時間と量、服用する時間帯について学ぶ。

   リハビリテーションプログラムには教育プラグラムというのがある。このプログラムは、肺の病気の種類や、期待できる薬の効果や情報、また吸入薬を使用する際の正しい方法や副作用等の可能性など薬物療法本来の情報を得ることができる。

   また教育プログラムでは、服用量が適切かどうか、しっかり確かめ、患者、またその家族に正しく使うよう説明をし、重要性を指導していく。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド