相互作用における薬と病気の因果関係 


  薬と病気の相互作用とは、薬の服用により、本来の治療目的である病気ではない他の病気に対し、悪影響を及ぼすことを言う。
   大半の薬は目標とする特定の臓器や器官系に効果を発揮するが、血流などにより全身を循環する為、他の臓器や器官系にも影響を及ぼす可能性がある。
   肺の病気に服用した薬が心臓にも影響をもたらせ、風邪薬は眼にも影響する可能性がある。新しく薬が処方される場合は、罹患している全ての病気を医師に報告するべきである。高血圧や低血圧、糖尿病、緑内障、前立腺肥大、膀胱の障害、不眠症などは薬と病気の相互作用起こし易く、特に重要である。薬と病気の相互作用は、年齢層を問わず起こる可能性があるが、複数の病気に罹りやすい高齢者は特にこのリスクが高くなる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド