その他の口内炎の症状 


   頬の内側をかんだり、こすったり、あるいは何か刺激性物質が歯肉に長く触れていたりすると、創傷や炎症が起きて、口の中に水疱ができる。
   この水疱は、たいていすぐ潰れて、潰瘍になる。
   潰瘍が良性でも、十分に治癒するまで、痛み続ける。
   入れ歯や義歯が口に合わないまま使用したり、入れ歯を着けたまま眠ったりすると、 口の天井にあたる口蓋の広い範囲に、炎症が起きて赤くただれる。

   口の中に怪我をしてしまうと、壊死性唾液腺化生と呼ばれる異常が発生することがまれにある。 怪我から2日以内に、口蓋に直径 2.5cm位の大きく裂けた潰瘍が現れる。
   ただし、形状のわりには比較的痛みもなく、治療しなくても2カ月ほどで治癒する。
   この壊死性唾液腺化生と癌の区別は、症状に基づいて行う。生検により組織を採取して、顕微鏡検査が行われる。
   これが癌だと、壊死性唾液腺化生でできる潰瘍の大きさになるまでに長い時間がかかり、痛みも続く。

   細菌が感染して、口に潰瘍ができたり、腫れてしまうことがある。
   健康な人の口内に、通常存在している細菌の異常増殖や、新たに持ち込まれた細菌によって感染が起こる。
   細菌感染が歯や歯肉に広がると、感染した歯周ポケットに膿がたまる、急性の化膿性炎症が広い範囲に起こる、などの症状が出てしまう。
   また、細菌感染が下あごのむし歯から口底へ広がると、ルートヴィヒアンギナと呼ばれる、非常に重症の感染症を引き起こし、感染個所の腫れによって舌が押し上げられて気道を塞いでしまうことがある。
   上あごの歯の感染は、脳まで届いてしまう危険性がある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド