全身性エリテマトーデスの症状 


   全身性エリテマトーデスは慢性、炎症性の結合組織疾患で、関節・腎臓・粘膜・血管壁に起きる病気である。
   全身性エリテマトーデスは誰に起きてもおかしくない病気ではあるがかかった人の約90%は、10代後半~30代の女性である。

   全身性エリテマトーデスは、心臓疾患の治療で使用されるヒドララジンやプロカインアミといった薬剤や、結核の治療に使用されるイソニアジゴといった薬剤が原因となって発症することもあるがその他の原因は解明されていない。
   薬剤により発生した、全身性エリテマトーデスは原因となった薬剤の使用を止めることで病気も消滅する。
   円板状エリテマトーデスは、全身性エリテマトーデスの一種で、病変が皮膚に限定されて現れる。
   円板状エリテマトーデスの10%程度の患者が全身性エリテマトーデスの症状を呈し、軽傷ではあるが、関節・腎臓・脳にも影響を及ぼす。

   全身性エリテマトーデスの症状は、人により大きな差があり、体調がすぐれず発熱するといった症状のまま数ヶ月から数年にかけて徐々に進行していく場合もあれば、急性感染症のように突然発熱し、発症する人もいる。
   しかし、どのような症状の場合でも症状が無くなったり現れたりを繰り返すということでは一致しているようだ。
   特に女性の場合には、月経が始まると症状がなくなり、月経周期の後半でまた、症状が現れるというパターンを繰り返すことが多い。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド