強皮症の症状 


   強皮症皮膚や関節、内臓に変性性の変化、瘢痕化が発生し、血管に異常を及ぼす慢性疾患のことである。
   強皮症は男性よりも女性に4倍ほど多く発症しているが、その原因は解明されていない。
   強皮症の症状としては、最初、指先の皮膚が腫れ、肥厚し硬くなる。
   また、突然手の指が青白くなりピリピリし、寒冷や感情的動揺の反応として麻痺や痛みといった症状が現れるレイノー現象が現れる。
   ごく普通の場合、胸やけ、嚥下障害、息切れといった症状から強皮症は始まるが、初期の段階では、関節の痛みやうずきといった症状もみられることもあり、場合によっては、多発性筋炎を発症し、筋肉痛や筋力の低下といった症状がでることもある。

   強皮症は二つのタイプに分けることができ、まず1つ目のタイプとしては、皮膚の大部分に損傷を与える全身強皮症で、このタイプは、障害が進行すると、皮膚が突っ張り、黒ずんでいくものである。
   もうひとつのタイプは、手の指のみに損傷を与えるタイプで、限局性強皮症もこの1つで、手のみに限局して発症する。
   全身強皮症は、顔の皮膚の突っ張りといった症状もあり、顔に表情が乏しくなることもある。
   限局性の場合には、くも状静脈が手の指、胸部、顔面、唇、舌に現れ、骨や関節にカルシウムからできる隆起がみられるようになる。
   膝から下の部分での炎症が起きると組織がこすれあう様な音や感覚があり、皮膚が瘢痕化してしまうと手の指、手首、肘の動きに制限が生じ、固まってしまうこともある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド