シェーグレン症候群の症状 


   シェーリング症候群は、口の中の唾液腺や眼の涙腺といった体液を分泌する腺に白血球が浸潤し、白血球が腺を傷つけ、口や眼などの乾燥が生じる病気である。
   原因は解明されておらず、女性に多く発症している。
   シェーグレン症候群の症状としては、口や眼などの乾燥があり、眼が乾燥すると角膜が傷つき、眼に異物感が生じたり、ヒリヒリとした痛みを感じる。。
   眼に起こる障害は、涙が不足してしまっている為にいつまでの続くことになる。

   口が乾燥する場合には、唾液の分泌が不足している為、味覚や臭覚が鈍くなり、食べたり飲んだりということで痛みを感じ、虫歯の原因ともなる。。
   また、ほおの内側の唾液腺が腫れ、圧痛を少し感じるという患者もシェーグレン症候群の中の3分の1程度認められる。。
   中には、焼けつく様な感覚を口の中に感じると言う人もいるがこの場合には、真菌により感染症を発症している可能性が考えられる。。
   この他にも、消化器や気管、外陰部、膣の粘膜が乾燥する場合もあり、気管や肺といった部分が乾燥すると感染症を起こしやすく、時には肺炎になることもある。

   シェーグレン症候群の患者の3分の1ほどは、関節症を発症するが、シェーリング症候群での関節症はごく軽度のものが多い。
   ただし、重度の関節リウマチや全身性エリマトーデスを発症することもある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド