多発性筋炎・皮膚筋炎の症状 


   皮膚筋炎多発筋炎に皮膚の炎症が伴っている病気で、多発性筋炎は、筋肉の炎症や変性に特徴を持った病気である。
   成人の場合には、多発性筋炎と皮膚筋炎を単独で発症する場合や混合性結合組織疾患といった結合組織疾患の一部として発症することもある。
   多くの場合、5歳~15歳の小児と40歳~60歳の成人に発症し、男性よりも女性の方に約2倍程度多く発症している。
   多発性筋炎と皮膚筋炎はウイルスや自己免疫反応といったものが関係して発症すると考えられ場合と癌が誘発しているのではないかとの考えもあるが、正確な原因は不明である。
   多発性筋炎はどの年齢層であってもほぼ同じ様な症状が現れるが、小児のほうがどちらかというと突発的に発症することが多い。
   多発性筋炎の症状としては、対称性の筋力低下関節痛、嚥下障害、発熱、疲労、体重減少といったものが感染症にかかった時や治った直後に現れるようになる。

   また、レイノー現象が現れた場合には、その多くが他の結合組織疾患を合併している場合にある。
   筋力低下は、体の中心に近い筋肉が障害を最も受けやすく、徐々に発症することもあれば、突然現れることもある。
   ほぼ、数週間から数ヶ月の間に悪化していく。
   腕を肩から上に上げたり、階段を上がるといった動作が困難になる。
   首の筋肉に損傷を受けた場合には、枕から頭を上げることもできなくなり、肩や腰の筋力が低下した場合には、車椅子やベットの上での生活になる可能制もある。
   食道上部の筋肉に障害を受けた場合には、嚥下障害や食物の逆流といったことの原因となる。 しかし、手・足・顔の筋肉は障害を受けることはない。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド