混合性結合組織疾患について 


    混合性結合組織疾患は患者の約80%が女性であり、あらゆる年齢層に発症する自己免疫疾患の1つである。
    全身性エリテマーデス・強皮症・多発性筋炎・皮膚筋炎といった病気に類似した症状が混在している場合に用いられる病名である。
    混合性結合組織疾患も他の自己免疫疾患同様、原因は解明されていない。

   混合性結合組織疾患の症状は、手の指が突然青白くなり、ピリピリとした痛みを感じたり、寒冷や感情的動揺に反応してしびれるといった症状が現れるレイノー現象や関節炎、手の腫れ、筋力低下、嚥下障害、胸やけ、息切れといった典型的な症状が現れる。
    特にレイノー現象は他の症状が現れる何年も前から現れることがある。
    混合性結合組織疾患は時が経つにしたがい体の色々の部分に症状を現わし悪化していく。
    混合性結合組織疾患で生じる症状の中には、ソーセージのように手が腫れてしまったり、紫がかった蝶形紅斑がほおから鼻にかけて現れたり、指の関節が赤くなったり、顔や手に赤いくも状静脈が現れるといったものが挙げられる。

   中には、強皮症と酷似した症状が現れたり、髪の毛が薄くなるという症状がみられることもある。
    また、混合性結合組織疾患の多くが関節の痛みを生じるが、75%近くの人が関節炎の典型的な関節炎を発症する。
    食道も混合性結合組織疾患に侵されることがしばしばあるが、この場合には、肺や胸膜に水がたまり、運動時の息切れといった肺機能の異常が最も重大な場合もある。
    混合性結合組織疾患は血液検査を行うとリボ核タンパクに対する抗体を検出することができ、この抗体レベルが高いことは、混合性結合組織疾患の特異的特徴である。

   混合性結合組織疾患の治療は、全身性エリテマトーデスの治療に似ており、ステロイド剤を早期から使用することで効果を得ることができる。
    軽傷の場合には、アスピリン、非ステロイド性抗炎症薬、キナクリンといった薬剤かごく低用量のステロイド薬を使用し、多少、重度化している場合には、高容量のステロイド剤を使用することになる。
    重傷の場合には、免疫抑制薬を使用した治療を行う事になる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド