好酸球性筋膜炎の症状と治療 


   初めに、好酸球性筋膜炎とは、発症初期の状態の時に血液中の白血球の一種である好酸球の数が増える症状があることからこの名がついている。
   筋膜炎とは、皮膚の下にある丈夫な線維組織層である筋膜炎に炎症を生じることである。
   腕や脚、皮膚が炎症を起こし痛みと腫れが生じる。
   その後患部である皮膚が徐々に硬くなっていく病気である。

   好酸球性筋膜炎は40歳から50歳の男性に多く発症しているがその原因は不明である。
   好酸球性筋膜炎は通常の初期症状では、疼痛・腫れ・炎症が腕の内側や脚の前面に多く現れる。
   この症状は、顔面や胸部、腹部の皮膚にも生じることがあるが、強皮症と比べると足や手といったところには症状が現れず、レイノー現象の兆好もない。
   好酸球性筋膜炎は、普段運動をあまりしないような人が急に運動をした時などに症状に気がつくことがある。
   通常では、徐々に症状は進行し、発症してから数週間後に炎症していた皮膚が硬化しボコボコとしたみかんの皮のような状態になる。
   皮膚の効果は腕や脚を動かしにくくなり、時には異常な形で固まることもある。
   筋力低下といった症状は見られないが、体重減少や疲労感といった症状はよく生じ、筋肉痛や関節痛がおこることもある。
   時には、腕に炎症がおこり、手根管症候群を発症することもある。

   また、赤血球や血小板の数が異常に減少し、貧血出血しやすいといった症状がまれではあるが生じることがある。
   好酸球性筋膜炎の治療には、多くの場合で高容量のステロイド薬を使用することで急速な改善をもたらしている。
   治療はできるだけ早い時期に始め、線維化や組織の脱落、拘縮を防ぐことが必要である。
   萎縮したり、瘢痕化した組織はステロイド薬をしようしても回復することはできない。
   高容量で治療を始めたステロイド薬も徐々にその使用量を減らしていくが、2年から5年間は低用量のステロイド薬を使用する必要がある。

   しかし、治療前に瘢痕が生じている際には回復後もその後が残ることになる。
   また、好酸球性筋膜炎は治療をしてもしなくてもいずれは自然に回復する。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド