血管炎症性疾患について 


   血管の血管炎が原因となって起きる病気を血管炎症性疾患と呼ぶ。
   血管炎は、病気の名前というよりは、病気の状態を現わしていると言ったほうが正確である。 血管炎は、結合組織の障害により起こることが多いが、結合組織とは関係がない障害から発生することもある。

   血管炎は多くの場合で何が引き金となって起きたのか分かっていない。
   肝炎ウイルスが血管炎を誘発していることは例外的に分かっている原因である。
   原因として分かっているものには、感染症や薬、ワクチンの副作用が挙げられる。
   このような原因での血管炎は免疫システムが自分自身の血管や血管の一部を異物と間違え、排除するように働くことから生じているのではないかと考えられている。
   炎症を起こす免疫システムの細胞は、病変血管を取り囲み浸潤し、血管を傷つけ、さらに血液供給を受けている組織にまで損傷を与える。

   血管壁は損傷を受けることで、血液が詰まったり、血液が漏れたりといった障害が生じる。
   こうなると、本来この血管より血液の供給を受けていた部分への血流は途絶えることになり、血液が途絶えた部分までのが障害を起こしてしまう。
   障害を起こした部分に関しては、場合によっては、もとの状態にもどることが不可能な場合もある。
   こういった障害は体中のどの血管に起きてもおかいくないが、血管炎の中には、障害を与える血管の太さが決まっていたり、体の頭部・脚・腎臓など特定の部位に決まっているものもある。

   特定の太さや深さの血管にのみ生じるものとしては、ヘノッホ・シェーンライン紫斑病・結節性多発動脈炎・側頭動脈炎・高安動脈炎といった病気が挙げられる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド