リウマチ性多発筋痛の症状と治療


   リウマチ性多発筋痛は、首・肩・股関節の筋肉に激しい痛みとこわばりを生じる病気で、50歳以上の女性に多く発症する。
   女性は男性よりも2倍程多く発症している。
   リウマチ性多発筋痛は側頭動脈炎も併発するため、この二つの病気には共通したものがあると考えられているが、この病気の原因はわかっていない。

   リウマチ性多発筋痛でのこわばりは、体をあまり動かさなかった後や朝に筋肉を動かすと悪化し、筋肉症状に伴い発熱や体重減少といった症状が現れる。
   この際、抑うつやはっきりとはしないが不快な気分を感じることもある。

   こういった症状は徐々に現れることもあれば突然現れることもある。
   筋肉の損傷や筋力低下といった症状は見られないが、側頭動脈炎を併発すると失明の危険がでてくる。
   時には、軽度の関節炎を発症することもあり、関節炎が重度の場合には、関節リウマチにかかった可能性も出てくる。

   リウマチ性多発筋痛では、赤血球沈降速度、C反応制たんぱく質んどの数値に高い値を示し、血液検査で、貧血が認められる。
   リウマチ性多発筋痛は、ステロイド薬であるプレドニゾロンを低用量投与することで症状は劇的に改善するが、側頭動脈炎を併発している場合には、失明の危険がある為、高容量のステロイド薬を投与する必要がでてくる。
   症状さえ治まれば後は徐々に投与量を減らし、効果を得ることのできる最小限の投与量での治療となる。
   ピレドニゾロンの使用は2年から4年の投与で中止することが多いが、中には、長期に渡る投与の必要がある場合もある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド