四肢の疼痛に用心


  末梢動脈疾患(PAD)とは鎖骨下動脈狭窄、頸動脈狭窄、閉塞性動脈硬化症などの末梢性動脈疾患の総称であり、胴、腕、脚の動脈の血流が減少する病気である。
  末梢動脈疾患(PAD)は部分的な疾患だけでなく、予後不良な全身の動脈硬化症の一部であり、心血管イベントの発症や生命予後にも大きな影響を与える疾患と考えられている。

   この病気は手や足の中等度以上の太い動脈がアテローム動脈硬化のため進行性に狭くなったり詰まることにより血液の流れが悪くなることで、様々な症状をひき起こす病気である。典型的な症状としては、運動時に四肢の疲弊、疼痛、脱力感を感じ、休むことにより改善し、重症のPADでは、安静時にも四肢の疼痛を生じ、下肢の潰瘍、感染、皮膚の壊死などを来すこともある。
末梢動脈疾患は、血管の病気のため、血管外科、循環器科で診療されている。

  閉塞性と機能性があり、閉塞性の末梢動脈疾患は動脈が狭くなったり詰まったりする構造的な異常によって起こり、機能性の末梢動脈疾患は、動脈のれん縮によって、時に動脈が拡張することによって起こる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド