頻度の少ない疾患

  動脈における拡張及び収縮の作用が異常であることが原因で、この病気は交感神経系のうち、収縮と拡張を調整する働きの障害や遺伝によるものが原因とされていて、薬剤や病気などによっても引き起こされることがあるとされている。

  レイノー病レイノー現象が有名である。
  寒さや冷えなどの刺激あるいは精神的緊張によって、手や足の指の色が突然変る現象をレイノー現象という。典型的な例では、手・足の指が急に白くなり、次にいわゆるチアノーゼに変り、真っ赤になってから元の色に戻るというような変化を示す。
  レイノー現象は、冷えや精神的緊張等の刺激で手や足の指の血管が急に細く縮んでしまい、指の血のめぐりが一次的に悪くなるために起こり、この発作の間、患者は指の痛みやシビレを感じる。
  明らかな原因がない場合にレイノー病という用語が使われ、レイノー病はレイノー現象よりも多くみられる。

  レイノー病の60~90%は、若い女性に発症している。
  レイノー現象は、強皮症、関節リウマチ、アテローム動脈硬化、クリオグロブリン血症、甲状腺機能低下症、けが、一部の薬によって起こる。
動脈の収縮によって起こる別の病気を併発している人もおり、片頭痛、異型狭心症、肺の肺高血圧症などがある。
  レイノー現象とこれらの病気の関連が示唆することは、これらの動脈収縮の原因がすべて同じであろうということだ。
  検査をせずとも診断できることが時にある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド