良性腫瘍の種類と症状


   口の中や周囲には、様々な腫瘍が発生する。
   歯肉にできるかたまりやこぶは、癌ではなく膿瘍、または炎症によってできたこぶだ。
   良性腫瘍は炎症が原因の場合が比較的多く、必要に応じて手術で摘除される。
   歯肉にできる良性腫瘍の10~40%は、炎症を起こす原因が解消されない場合、再発してしまう。 また、長い間放っておくと癌化することがある。
   口の中や周りに発生する腫瘍は癌の可能性があるので、医師の診察を受けること。

   指のいぼを吸ったりしてしまうと、ウイルスが口に伝染することがある。
   性器にできる性器いぼは、オーラルセックスで伝染してしまう。
   普通のいぼは、いくつかの方法で取り除くことができる。
   性器いぼも、除去する方法はいくつかあるが、何度も再発するケースが多い。

   口蓋の真ん中や下あごの舌下に、骨が徐々に隆起してくることがある。
   この硬い隆起無害で、よくあるもの。思春期に現れて生涯消えない。
   たとえ大きな隆起であっても、食事中にこすれたり入れ歯の妨げになったりしない限りは、 そのまま放置される。
   ただし口の中に骨の腫瘍(骨腫)が多数できてしまう場合は、 ガードナー症候群(消化管の遺伝性疾患)の可能性がある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド