前癌病変とは


  口の中に白や赤、または赤白入り混じった変色部分が現れて、こすってもなかなか消えず、2週間以上も消えずに原因不明の場合は、前癌病変の疑いがある。
  変色した箇所は、治療しなければ癌化する可能性がある。
  前癌病変は悪性腫瘍と同じリスクがあり、除去しなければ癌化することがある。

  白板症とは表面が平らな白色の病変で、湿った口の内側粘膜が長期間刺激を受け続けると発生する。
  病変部の白い変色は、ケラチンの厚い層によるものだ。
  ケラチンは皮膚の最も外側を覆っている物質で、正常な口の粘膜にはさほど多くは存在しない。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド