悪性腫瘍(口腔癌)の現状


   アメリカでは毎年3万人が口の悪性腫瘍(口腔癌)を発病し、8000人が死亡している。ほとんど40 歳以上だ。
   アメリカ人の癌患者全体の2%以上は、口腔癌。さらに、癌が原因で死亡する数の1.5%を占めている。
   口は、体のごく小さな部分なので、この数値はかなり高い比率だといえる。

   早期に発見すれば治癒の可能性が高くなるため、身体検査や歯科健診を受ける時には、 口腔癌のスクリーニング検査も行うべきだ。
   直径約1cm以下の悪性腫瘍ならば、通常は治癒するのだが、残念ながらほとんどの悪性腫瘍は、 それ以上に大きくなって、あごの下や首のリンパ節へ広がるまで診断されない。
   発見が遅れると、口腔癌の25%は死に至る。

   遺伝的要因については十分解明されていないが、一部の人には口腔癌発症の原因となっている。 口腔癌の2大危険因子は、喫煙と飲酒。これらは自分でコントロールできる筈だ。
   タバコ(1日2箱以上)、葉巻、パイプタバコ、かみタバコ、かぎタバコなどの喫煙による口腔癌が、 口腔癌全体の80~90%を占めている。
   タバコと葉巻は、口腔癌発症の危険性が同程度。その次に危険性が高いのが、かみタバコとパイプ喫煙だ。

   毎日の飲酒や大量の飲酒(1日6杯以上)は、口腔癌のリスクを増大させる。
   喫煙と飲酒、両方している人は、どちらか1つだけの人よりも癌が発症しやすくなる。
   マウスウオッシュに含まれるアルコールも、口腔癌に対する危険性があることが確認されている。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド