スモーカーが注意すべきこと 


   かみタバコかぎタバコを好む人は頬の内側に隆起した白色の瘤ができ、成長していぼ状癌になる。
   悪性腫瘍は、急速に成長して硬くなる傾向がある。小唾液腺に初発する癌は、小さな腫れに見える。

   歯肉、舌、口腔粘膜に変色が現れる時は、の徴候である可能性がある。
   口の中に、茶色や黒っぽい変色個所が急に発生した時には、黒色腫の可能性がある。
   唇でいつもタバコやパイプが当たる部分が「スモーカーズ・パッチ」という、表面が平らな、茶色のそばかす状のシミに変化することがある。

   口腔癌は、その形状と症状から癌と推定される。
   黒色腫は、癌なのか、あるいは正常な色素沈着や他の原因による変色なのか判別するために、 顕微鏡検査用の組織サンプルを採取する生検が行われる。

   X線検査では必ずしも、あごの癌なのか、また嚢胞や良性骨増殖、転移癌を判別できるとは限らないが、 あごに癌ができて境界縁が異常だったり、癌が原因の歯の一部欠損が明らかになる。
   癌が急速に増殖すると、歯が欠損する、という現象が出る。

   飲酒や喫煙の量を減らせば、口腔癌のリスクを減らすことができる。
   また、折れたり欠けたりした歯や歯の詰めもののをなめらかにすることも、癌の予防になる。 ビタミンの摂取での予防効果については、研究で証明されているが、さらに詳しい臨床試験が必要だ。
   口唇癌を予防するには、有害な太陽光線を浴びないようにすること。
   唇が広範囲に太陽光線のダメージを受けてしまうと、癌の進行を防ぐために、手術またはレーザーで唇の外側の表面をすべてはぎ取る必要がある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド