市中感染肺炎の種類と症状 


   肺炎球菌はもちろん、インフルエンザ菌、クラミジアなどのウイルスにより、市中感染肺炎を起こすことが多い。主に幼児や高齢者に市中感染肺炎が発症する。

肺炎球菌性肺炎
   肺炎球菌性肺炎は肺炎球菌により起こり、風邪やインフルエンザなどの上気道ウイルス感染症にかかったのち、気道の防御機能に細菌が感染し、発症する。肺炎球菌性肺炎にかかると、風邪の症状に加え、血液の混じった赤褐色の痰を伴う咳、息切れ、呼吸時の胸痛、吐き気などが起こる。
   通常肺炎球菌性肺炎は完治するが、幼児や高齢者、また重い病気がある患者が発症すると死に至ることもある。肺炎球菌性肺炎には敗血症という、血液の感染症を引き起こすことがあり、多くの患者は胸膜腔に胸水といわれる液体がたまる症状や、脳を覆う髄膜に広がり肺炎球菌性髄膜炎を起こすこともある。髄膜炎にかかると、精神錯乱、ひきつけなどを起こし、昏睡状態にまで至ることもある。
   この肺炎球菌は80種類あり、そのうちの1種類に感染した場合、同種の肺炎球菌への再感染への免疫は得られるが、ほかの種類の肺炎球菌への免疫は得られないため、頻度が高くいため、重い感染症を引き起こす肺炎球菌の23種類については予防ワクチンがある。
   肺炎球菌肺炎の治療に使用されるペニシリンやセファロスポリンなどの抗生物質は、ここ10年間で薬剤耐性タイプの肺炎球菌があり、効きにくいことがあるため、エリスロマイシンやフルオロキノロンなどの代わりの抗生物質を使用し治療する。

インフルエンザ菌性肺炎
   インフルエンザ菌とはインフルエンザを起こすインフルエンザとは異なる細菌で、インフルエンザ菌b型は特に毒性がつよく、5歳未満の子供に対して、髄膜炎や肺炎、喉頭蓋炎などの重い病気をひきおこすが、現在インフルエンザ菌b型ワクチンが普及し、重症までにいたる患者は減少している。
   インフルエンザ菌性感染に発症すると、典型的な肺炎の症状、発熱、痰を伴うせき、息切れなどを起こす。アメリカではすべての子供にインフルエンザ菌b型ワクチンを接種している。インフルエンザ菌b型の治療には経口用のトリメトプリムースルファメトキサゾールという抗生物質が使用される。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド