カリニ肺炎の症状と治療 


   肺の中で害を及ぼすことなく生存しているニューモシスカスーカリニという微生物がある。癌や、がん治療、またエイズなどのために体の防御機能が低下した場合に、この微生物が肺炎を起こすことがある。エイズに感染した患者がエイズを発症したことを示す最初の徴候でもある。
   多くの人に、発熱、息切れ、乾いたせきがみられ、これらの症状は通常、数週間かけて起こる。また、肺が血液に十分な酸素を供給できなくなるため、ひどい息切れが起こり始める。

   診断は、X線検査ではウイルス性肺炎で見られるような斑点模様もないため、水蒸気を使用し、咳を出させる方法、また気道内に器具を挿入しサンプルを採取し、顕微鏡検査で確定する。
   カリニ肺炎の治療にはトリメトプリム‐スルファメトキサゾールという2種類の抗生物質の配合剤を使用する。またこれを使用することで、カリニ肺炎にかかるリスクの高い患者の感染が予防できるが、この薬により副作用として、体内の防御機能を担う白血球数の減少、発疹、発熱などがある。主に、エイズ患者によくみられる。

   また、予防的にダプソンやアトバコンなどを使用することもある。また血液中の酸素濃度が一定レベル以下に下がった際は、ステロイド薬も使用することがある。カリニ肺炎が治っても、全体の死亡率は15~20パーセントにもなる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド