吸引性肺炎の症状と治療 


   空気中の小さな粒子は、口から気道の中へ吸い込まれ、肺に到着して炎症や感染を起こす前に正常な防御機能により除去されるが、この粒子が除去されない場合に、吸引性肺炎を引き起こす。
   吸引性肺炎を引き起こすリスクが高いのは、高齢者や衰弱している人、またはアルコール依存症や薬物中毒患者、麻酔や病気で意識がない人といえる。健康な人でも嘔吐の際にものを大量に吸い込んだ際などに誤嚥性肺炎とよばれる吸引性肺炎を起こすことがある。
   1~2日以上たってから、肺炎の症状がはじまり、最近ではクリンダマイシンまたメトロニダゾールにペニシリンを加えた抗生物質を使用し、治療していく。固形物を吸いこんだ場合は、それを取り除くために気管支鏡を使用する。
   肺に有毒な物質を吸入した場合に化学肺炎が起こる。化学肺炎とは、感染というより刺激が原因で発症する。一般的な有害物質としては、嘔吐物を吸い込むことにより、胃酸で化学性肺炎を起こすことがある。数分~数時間のうちに、急に息切れやせきが生じ、発熱やピンク色のような泡状の痰などの症状もでてくる。重症の場合でない限り、吸引性肺炎の症状は12日後に始まることが多い。

   化学性肺炎は胸部X線検査や動脈血中の酸素濃度の測定、また正確な診断が困難な時は気管支鏡検査がおこなわれることもある。誤嚥など、過去に起きた出来事で明らかになることもある。化学性肺炎の治療としては、酸素吸入療法と、必要に応じた人工呼吸器の使用で、分泌物や気道内のものを除くために、気管の吸引を行うことがある。また、気管支鏡検査が同じように使われることもある。
   吸引性肺炎と細菌性肺炎は症状が似ているため、区別するのは難しいので、抗生物質がよく投与される。化学性肺炎の患者は、重症の場合、30~50パーセントの割合で死亡しますが、通常急速に回復する、また急性呼吸促迫症候群に進行、細菌感染症を起こすなど、のいずれかの経過をたどることになる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド