肺膿瘍について 


   肺膿瘍とは肺の内部が膿で満たされた一部の領域であり、通常はのどにいる細菌が肺の中へ吸い込まれることで感染症を起こし、発症する。肺膿瘍を起こす細菌の源の多くは歯周病である。体には細菌が肺の内部へ侵入するのを防ぐため咳を起こすなどの防御機能が数多くある。しかし、鎮痛薬や麻酔薬、酒や薬物の多量摂取、神経系の病気など、体の防御機能が低下した人が感染する。
   40歳以上の喫煙者は特に肺腫瘍が気道をふさぐために、肺腫瘍を起こすことがある。通常咳とともに気道から排出される細菌を含んだ分泌物が、気道の閉塞により、気道内にとどまるため、細菌は分泌物の中に溜まり、細菌感染に最適な環境が作られる。また、吸い込んだ異物が気道をふさいだ場合も同様、細菌感染に最適な状態となることもある。

   肺膿瘍は、黄色ブドウ球菌や、レジオネラーニューモフィラなどの細菌や真菌による肺炎から起こる。免疫機能が低下している時は、一般的でない微生物により肺膿瘍を起こす場合もある。まれに敗血症性肺塞栓という、体の違う場所から、細菌や感染によりできた血の塊が肺へ運ばれ、肺膿瘍を起こす病気を引き起こす場合もある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド