歯の病気とその症状 


   歯の病気には、むし歯の他、歯髄炎、根尖周囲膿瘍、埋伏歯、不正咬合などがある。
   歯が痛んだり、欠けたり、ぐらぐらしたり、折れたりしたときにはすぐに治療が必要だ。
   むし歯は、歯磨きを欠かさずに行い、プラーク(歯垢)や歯石をためないようにすれば、大部分は予防できる。

   プラークとは、口の中の唾液や細菌、細胞の死骸が混ざった薄い膜で、歯の表面に付着している。
   昼夜を問わずたまり続けているので、むし歯を防ぐには、歯ブラシや糸ようじ、歯間ブラシなどでプラークを毎日取り除く必要がある。

   歯石はプラークが石灰化したもので、歯の付け根に白くたまってくる。
   特に下の前歯の舌側面と、上あごの奥の大臼歯の頬側面に多くたまる。
   毎日の歯磨きでプラークを取り除けば、歯石の蓄積をかなり防ぐことができる。
   しかし、いったん歯石ができてしまうと、歯科医師や歯科衛生士に取ってもらうしかない。

   口の中を常に清潔に保つには、歯ブラシとデンタルフロスでていねいに歯を磨く、糖分の摂取を控える、フッ素添加水によるうがいをするなどだ。
   それがむし歯予防につながる。

   歯の病気が分かる最も一般的な症状は、歯が痛むこと。
   歯痛は、一日中痛み続けたり、ものをかんだ時や歯を軽くたたかれた時など、特定の状況においてだけ痛むこともある。
   むし歯だけでなく、歯ぐきの病気によっても歯痛は起こる。

   その他、歯根が露出したり、歯かみや歯ぎしりをしたり、歯が折れたり欠けたりした時にも痛みは起こる。
   さらに、上顎洞(じょうがくどう)にうっ血が起きているときにも歯痛は起こる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド