歯の病気とその症状2 


   歯がすり減ったり、ぐらついたりする原因は、ひどい歯ぎしりが考えられる。
   睡眠中なので自分で気付かないが、時には日中でも歯ぎしりをすることがある。
   歯ぎしりをする人は、日中起きている時は、歯かみや歯ぎしりをしないように非常に神経を使っている。
   食べものをかんだり、すりつぶしたりすると歯の表面がすり減る。これを咬耗(こうもう)という。
   咬耗があると、食べものを十分にかめなくなる。

   感染症遺伝性疾患、ホルモン障害などによって歯の奇形が起こる。
   口の外傷によって歯が折れたり欠けたりすると、歯が歪んでしまう。

   歯の異常な変色とは、病的な変色を指す。
   なので、コーヒー、紅茶、喫煙による変色や、加齢による黄ばみや黒ずみとは異なる。
   過去に歯の内部の感染によって、歯髄が重度に損傷されると、灰白色の変色が現れる。
   永久歯が感染した乳歯と生え替わった時にも、同じ変色が現れる。
   小児期または母親の胎内にいる間にテトラサイクリン系抗生物質を摂取すると、永続的な変色が起こることがある。
   小児期にフッ素を過剰摂取すると、歯にまだら状に白く濁った、フッ素性エナメル斑が現れる。

   歯のエナメル質に起こる異常の原因には、ビタミンDの不足、小児期に感染症(はしかや水ぼうそうなど)にかかったこと、過食症などで頻繁に嘔吐しての胃酸による歯面の溶解、などがある。 塩素消毒されたプールで長時間泳いだり、職場で酸や塩素を扱う人は、歯のエナメル質が溶けてなくなってしまうことがある。
   エナメル質が傷つくと、細菌が歯に侵入しやすくなってむし歯ができやすくなる。が考えられる。
   睡眠中なので自分で気付かないが、時には日中でも歯ぎしりをすることがある。
   歯ぎしりをする人は、日中起きている時は、歯かみや歯ぎしりをしないように非常に神経を使っている。
   食べものをかんだり、すりつぶしたりすると歯の表面がすり減る。これを咬耗(こうもう)という。
   咬耗があると、食べものを十分にかめなくなる。

   感染症遺伝性疾患、ホルモン障害などによって歯の奇形が起こる。
   口の外傷によって歯が折れたり欠けたりすると、歯が歪んでしまう。

   歯の異常な変色とは、病的な変色を指す。
   なので、コーヒー、紅茶、喫煙による変色や、加齢による黄ばみや黒ずみとは異なる。
   過去に歯の内部の感染によって、歯髄が重度に損傷されると、灰白色の変色が現れる。
   永久歯が感染した乳歯と生え替わった時にも、同じ変色が現れる。
   小児期または母親の胎内にいる間にテトラサイクリン系抗生物質を摂取すると、永続的な変色が起こることがある。
   小児期にフッ素を過剰摂取すると、歯にまだら状に白く濁った、フッ素性エナメル斑が現れる。

   歯のエナメル質に起こる異常の原因には、ビタミンDの不足、小児期に感染症(はしかや水ぼうそうなど)にかかったこと、過食症などで頻繁に嘔吐しての胃酸による歯面の溶解、などがある。 塩素消毒されたプールで長時間泳いだり、職場で酸や塩素を扱う人は、歯のエナメル質が溶けてなくなってしまうことがある。
   エナメル質が傷つくと、細菌が歯に侵入しやすくなってむし歯ができやすくなる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド