埋伏歯について 


  埋伏歯とは、歯肉組織から上手く生え出してくることができずに、歯肉の下に埋まっている歯のこと。
   歯同士が過密状態になって、新しい歯が生え出すスペースの余裕がないために起こる。
   また、新しい永久歯がでてこないのに乳歯が抜けると、そのスペースに別の歯が入りこみ、行き場を失った永久歯は埋伏歯となる。
   ただし埋伏歯になる歯は、ほとんどが親知らずだ。
   親知らずは最後に生える永久歯なので、生える頃には、すでにスペースが残されていないのだ。

   埋伏歯は細菌感染しやすいため、抜歯される。
   抜歯手術は、たいてい局所麻酔または鎮静薬を使用して覚醒状態で行われるが、全身麻酔で行われることもある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド