歯肉の退縮とは 


   歯肉の退縮とは、歯肉組織がやせて、歯根面が露呈すること。
   退縮は、歯磨きのしすぎ、外傷、または歯肉の自然な進行として、誰にでもある程度起こるものだ。

  退縮すると歯が非常に敏感になり、冷たいものや甘いものがしみたり、触ると痛くなったりする。
  また、歯槽骨の骨密度が失われて、むし歯ができやすくなる。

  歯肉や歯がしみたり、プラークが取りにくい時は、移植による治療が必要だ。
   口蓋から切除、またはドナーから提供された軟組織を、退縮した部分に移植する。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド