喘息発作の予防と治療


   喘息発作の予防と治療には様々な薬が服用方法を考えたうえで使用される。喘息の治療薬には主に2種類あり、1つは気道を広げる気管支拡張薬、もうひとつは気道を狭くするきっかけになる炎症を抑える抗炎症薬がある。

   何が予防に役立つか、また薬の適切な使用方法、病院へかかるタイミングなど、喘息発作の予防や治療の方法について、喘息患者や、その家族にとっても効果的な治療に欠かせない。また多くの患者は医師と共同で作成した治療計画を持ち、持ち運びできるピークフローメーターを使用し、呼吸状況を把握し、自己治療を行うこともある。

   喘息は予防や完治のできない慢性的な病気だが、喘息の発作を引き起こす要因を突き止め、これを治療、または回避することで、発作を予防できる。アスピリンやその他の非ステロイド性抗炎症薬が原因で発作が起こる患者には喘息を悪化させるため、服用を避けなければならないなど予防に用いる方法は喘息発作の頻度や起こす刺激物質などにより個々の患者で異なる。
   喘息発作は、発作を起こしている本人だけでなく、周囲の家族も恐怖に陥る。特に重度の発作はただちにすぐれた専門的な治療をしなければ、命を失うこともある。

   喘息通常、患者は携帯している短時間用型のベータ刺激薬ステロイド薬を吸入し、新鮮な空気のもとで安静にするなど、医師の助けがなくても十分に対応できようになっている。重症の喘息患者の場合、酸素濃度が低下しているために、医師は指や耳に電力をつけて測る方法、または動脈から血液サンプルを採って分析する方法を使い、酸素濃度を確認する。発作が起きている間には酸素吸入が行われることもある。

   一般的に重度の喘息が認められ、薬の吸入でも改善が見られない場合や、血液中の酸素濃度が著しく低下、また二酸化炭素濃度がすごく高い場合は入院する必要がある。脱水症状を起こしている場合は点滴が必要になる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド