歯痛の場合 


  歯痛虫歯が原因であることが多い。
  その他、膿瘍、歯冠を取り囲む歯肉の炎症(歯冠周囲炎)、頻度は少ないが、副鼻腔の炎症(副鼻腔炎)なども歯痛を引き起こす。

  食べものをかんだり、上体を倒したりすると起こる上顎歯の痛みは、副鼻腔炎によるものと考えられる。
  風邪をひいた時に歯に痛みがあると、副鼻腔炎の可能性がある。
  副鼻腔炎は歯痛だけでなく、頭痛や副鼻腔上部の皮膚の腫れ、圧痛などの症状が現れる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド