歯の損傷やぐらつき、喪失 


   歯にひびが入っていると、冷たいものを食べたりした時、歯に瞬間的に鋭い痛みが走ることがある。
   歯が欠けていなければ、修復材で修復できる。

   上あごの前歯が、傷ついたり、ひび割れが起こりやすい。
   外傷を受けた歯に空気があたっても痛くなければ、外側のエナメル質のみ傷ついている可能性が高いので、治療を急ぐ必要はない。
   しかし歯の中間にある象牙質が破損すると、空気や食べものが触れると痛むので、早急に治療しなくてはいけない。
   ひび割れが歯の一番奥の歯髄にまで及ぶと、ひびの部分に赤い斑点ができて、かなり出血することがある。
   このような場合は、残った歯髄が壊死して激痛を引き起こす前に、歯髄を取り除く根管治療をしなくてはいけない。

   傷ついた歯がぐらぐらしたり、歯肉組織から多量に出血する場合は、早急の治療が必要だ。
   乳歯の前歯が傷ついてぐらつきがひどい場合は、その歯は抜く。
   これは、永久歯に影響及ぼす恐れがあるし、また、これから生えてくる永久歯のスペースを確保するためだ。

   乳歯が抜けても、永久歯のつぼみにダメージを与えるといけないので、取れてしまった歯を元の穴へ戻す、再植という治療は行われない。
   一方、永久歯が抜けたときは緊急の治療が必要だ。
   取れた歯はきれいに洗って、元の歯が生えていた穴に戻しておくか、コップに牛乳を入れてその中に浸けておく。
   牛乳は、再植手術までの間、歯を新鮮な状態で保存しておくのに役に立つ。
   どちらの場合でも、取れた歯を持ってすぐに近くの歯科医院を受診すること。

   歯が抜けて30分以内に埋め戻すことができれば、かなりの確率で元通りの健康な歯に戻すことができる。
   しかし、歯が抜けてからの時間が長びくほど、歯が元通りになる可能性は低くなる。
   再植した歯は、7~10日間、副子(スプリント)で周囲の歯と固定される。
   最終的には、再植した歯は根管治療を行うことになる。
   また、歯の周囲の骨にまでひびが入った場合は、6~10週間、スプリントによる固定が必要だ。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド