あごの骨の骨折 


   あごの骨(顎骨)を骨折すると、痛いだけでなく上下の歯の噛み合せが変わってしまい、口が大きく開かなくなったり、口を開け閉めするとあごが左か右にずれたりする。>   顎骨骨折の多くは、下顎骨に起きる。

   上顎骨を骨折すると、近くに眼筋があるので複視が起きたり、神経の損傷により眼の下側の皮膚がしびれ、頬骨をなぞると形の異常を感じたりする。
   また、骨折による外傷や強い打撃で、脊椎損傷、脳しんとう、頭蓋内出血などを引き起こすことがある。

   顎骨骨折、またはその可能性があるなら、あごと歯が動かないように一緒に固定する必要がある。
   手であごを支えるか、包帯を使う。あごの下から頭にかけてしっかりと固定する。
   包帯で固定した後は、骨折による内出血で気道がふさがる恐れあるので、呼吸が止まらないかを見守りながら、早急に病院へ運ぶこと。

   病院では、顎骨骨折の治療の前に、頸部X線検査で脊髄損傷が起きていないかどうか確認する。 上あごと下あごをワイヤで連結し、骨がつくまでの6週間、そのままの状態が保つ。
   その間、患者は食事ができないので、ストローで液体だけを飲むことになる。
   顎骨骨折の多くは、骨折した両側の骨を金属プレートでねじ止めする手術で修復できる。

   手術後の数日間あごは動かせないが、その後数の週間はやわらかいものなら食べられるようになる。
   小児の場合は固定しないケースもあるが、固定する代わりに最初にあまり動かさないようにすれば、数週間後には普通に動かせるようになる。
   開放骨折という、歯や歯の生えている穴から口の中まで貫通した骨折の場合は、抗生物質が投与される。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド