あごの関節の脱臼 


   あごの関節の脱臼は激しい痛みが伴う。
   口を閉じることができなくなり、あごが片方へねじれる。
   原因は、極端に大きく口を開いたり、外傷を受けたり、ということが多いが、他にも嘔吐やあくび、顎関節障害による運動過剰性、歯科治療などで長時間口を開け続けた場合なども、脱臼の原因となる。

   あごを脱臼すると、徒手整復法という治療が行われ、元の位置にはめこまれる。
   まず親指にガーゼを巻き、脱臼した下あごの奥歯の歯ぐきにあて、下方へ押す。
   そして軽く前方に押し、さらに必要であれば後方へも押す。

   あごが正常な位置に戻ったら、最低でも6週間は、大きく口を開けないように注意すること。
   また、再度の脱臼しないように、本人と家族に整復方法の指導が行われる。
   何度も脱臼してしまう場合は、脱臼を起こりにくくするための手術が必要になる。
   顎関節の位置であごと頭蓋骨を連結している靭帯を短くして、関節のゆるみを矯正する手術だ。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド