歯の治療後に起こるトラブル 


   歯科治療の後、特に抜歯や歯周病治療などの後はよく歯ぐきが腫れるが、氷のうなどを頬にあてて冷やすと腫れは退く。
   この冷却法を、治療後18時間の間、数時間ごとに繰り返す。氷のうは、頬に25分間あてて5分間外す。
   手術から3日経っても腫れが退かなかったり、痛みが激しい場合は、感染の可能性があるので歯科医師の診察を受ける必要がある。

   ドライソケット(抜歯後歯槽骨炎)という、下あごの後歯を抜いた後に抜歯後の穴に骨が露出して、なかなか傷口がふさがらないことがある。
   抜歯の2~3日後の不快感が薄れてきた頃に突然悪化し、しばしば耳の痛みを伴う。
   1週間~数週間で自然に治まるが、痛みを取り除くために抜歯窩に麻酔薬が詰められる。
   この薬は、約1週間、毎日または1日おきに取り替えられる。

   口腔外科手術の後は、よく出血してしまう。
   出血は、手術後1時間ほど患部にガーゼをあててじっとかんでいると止まる。
   出血が止まらない場合は、患部をきれいにふき取り、ガーゼや濡らしたティーバッグをあてて均等な力でかんで押さえる。
   出血が2~3時間以上続く場合は、歯科医師の診察が必要だ。
   血を固まりにくくする抗凝固薬や、出血しやすい作用のある薬を服用している人は、薬の量を調整するか、一時的に服用を中止する必要がある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド