肺塞栓症について 


   肺動脈という肺組織を正常な状態にするために酸素や栄養分を含んだ血液を運び、体外へ排出される二酸化炭素を肺に運ぶ働きをしている肺動脈が、血栓などにより、十分な量の血液を供給できないほど塞がってしまう病気を肺塞栓症という。

   肺塞栓症の患者の約1割は、肺梗塞とよばれる肺組織の壊死を起こす。大きな損傷にて生命を維持するための酸素が供給できず、また心臓に過剰な負担がかかるために突然死にいたることもある。入院患者の肺塞栓症の発症率は約1パーセントで、死亡原因が肺塞栓症と判明する確率は5パーセントとなっている。
   塞栓は長時間同じ姿勢のままでいることで、脚の静脈の流れが停滞し、脚や骨盤の静脈内でできた血の塊が肺に運ばれ、塞栓を起こす。
   長期間寝たきりの人や、飛行機などに乗って長時間動かずに座っている人は特に危険性が高くなる。また、安静にしていた人が再び動き始めると、固まった血液は血管壁からはがれるが、血の塊が腕や心臓の右心房にいたる静脈内に生じることもあり、それらが血流に入ると、普通は肺まで運ばれる。

   ごく稀に、出産時に羊水が骨盤の静脈内に入り塞栓を形成する場合、また骨折した時に骨髄から血中に入った脂肪により起こることもある。これらが原因で塞栓が起こったとしても、肺の細動脈や毛細血管などの小血管内にとどまることが多いために、血栓ほどの損傷は生じない。

   ただし、広範囲で小血管が詰まると、急性呼吸促迫症候群になり、呼吸不全や心不全、ショックを引き起こすことがある。また、癌組織の一部がはがれ、血流にはいり塞栓を形成することもあり、これが広範囲に起こると、癌が肺全体に広がり、肺高血圧症を起こす。

   薬剤や輸血などを静脈注射するとき、大量の空気が入り塞栓を形成し、肺塞栓症を起こすことがある。気泡は静脈の凝固した血液を取り除くなどの手術や。胸部圧迫により蘇生を行っている時などにも塞栓を形成することがある。また、スキューババイビングをしているときも、もぐる深さや水面へ浮上する速さにより空気塞栓症を発症する危険性がある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド