肝臓と胆嚢(たんのう)の機能


   肝臓胆嚢(たんのう)は右側の上腹部にある臓器で、胆管という管で結ばれている。胆 管は小腸の始まる部分である十二指腸に続いている。肝臓と胆嚢は共通した機能も一部ある が、まったく異なる臓器だ。

   肝臓と胆嚢のしくみについて解説する。
   肝細胞でつくられた胆汁は、細胆管と呼ばれる管に流れ込む。細胆管は合流して左右の肝管 をそれぞれ形成し、左右の肝管が合わさって総肝管となる。総肝管はさらに、胆嚢につなが る胆嚢管と合流して総胆管を形成する。総胆管は小腸の入り口となるオディ括約筋の直前部 分で、膵臓につながる膵管と合流する。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド