肝臓とは


   肝臓は体内で最も大きく、最も複雑な働きをする臓器で、丸みを帯びたくさび形をしている。肝臓は体内で化学工場のような役割を果たし、体の中の化学物質の量を調節したり、出血時に血液を凝固させる物質をつくるなど、生命維持に必要な多くの機能を備えている。

   ・肝臓の働きと障害
体内にあるコレステロールの約半分は肝臓でつくられる。残りの半分は食物から吸収され たものだ。肝臓でできたコレステロールの大部分は、胆汁の合成に使われる。胆汁は緑がかった黄色の粘り気のある液で、消化を助ける働きをする。コレステロールはエストロゲン、テストステロン、副腎ホルモンなどの基になる。また細胞膜の成分としても不可欠な物質だ。

   肝臓ではこのほか、タンパク質をはじめ、身体機能にかかわる多くの物質の生成が行われる。これらの中には出血を止めるために必要なタンパク質である血液凝固因子や、血圧の維持に必要なタンパク質、アルブミンなどがある。

   さらに、肝臓は糖をグリコーゲンとして貯蔵する役割もある。グリコーゲンはその後、たとえば睡眠時のように食物を長時間摂取せず血糖値が低くなりすぎたときなどに、必要に応じてブドウ糖に分解され、血液中に送り出される。

   肝臓の重要な機能として、腸で吸収されたり体内の別の部位で生成された体に有害な物質や有毒な物質を、分解して無害にしてから胆汁や血液中に排出するというのがある。胆汁中に排出された物質は腸に入り、便とともに体外に排泄される。血液中に排出された物質は、腎臓でろ過され尿とともに体外に排出される。また薬物を科学的に変化させる働き(代謝)(薬の投与法と体内での働き:薬の代謝を参照)によって、不活性化したり、体外にすみやかに排出できるようにする。

   肝機能障害は大きく分けて2つの種類がある。1つは肝硬変や肝炎のような肝臓の細胞自体の機能障害が起こす病気。もう1つは胆石や癌などによって、肝臓から胆汁の流れが胆道で阻害されることで起こる病気だ。

   ・肝臓に血液を供給する
   肝臓には、腸と心臓から血液が直接供給される。腸からの血液は、腸壁にある細かな毛細血管から門脈に流れこみ、門脈から肝臓に入る。肝臓内で格子状の細かな血管を通ることで、腸からきた血液に含まれる消化された栄養素や有害物質がすべて処理される。心臓からの血液は肝動脈を通って肝臓に運ばれる。心臓からの血液は肝臓の組織であったり、コレステロールなどの物質生成に必要な酸素を供給する。腸や心臓からの血液は肝臓で混ざり、肝静脈を通って心臓に戻る。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド