気管支拡張症について


  気管支拡張症は、気管支の壁が傷つき、有害物質を防ぐための正常な防御機構が阻害されるなどの問題により、気道の一部が拡張したまま元に戻らない状態のことである。
   気管支拡張症の一般的な原因は重度の呼吸器感染症である。免疫不全を引き起こす病気、粘液の多量分泌により感染症を起こす微生物を気管支から除去する働きが弱まる農法性線維症などの先天性疾患、また吸い込んだ異物や肺膿瘍などによる気管支閉塞といった物理的要因により気管支拡張を起こす感染症が発症しやすくなる。

   まれに気管支を傷つけるたばこや有害ガス、有害な粉じんなどの有害物質の吸入により起こることもある。
   気管支拡張症になると、気管支の壁の一部が破壊し、慢性的な炎症が起こることで線毛細胞は損傷を受け、粘液がたまっていく。   また、気管支の壁は少しずつ弾力性を失い、気道は拡張し、小さな風船のような袋状の部分ができることがある。粘液の増加により、細菌の増殖を促し、気管支を詰まらせる原因となり、また細菌感染を起こした分泌物がたまり、さらに気管支の壁の損傷を悪化させることもある。炎症と感染が肺胞まで広がると、肺炎や組織が固くなる瘢痕化がおこり、肺組織の機能がなくなる。 重症になると、瘢痕化及び、肺の血管の消失により、異常な血管に血液を送ろうとする右心室にかなり負担をかかってくる。また気管支炎症でもろくなった血管が増加し、喀血することもある。 損傷した気道が閉塞すると、血中の酸素濃度も著しく低下していく。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド