無気肺について


   無気肺とは、肺の一部または全体の空気がなくなり、肺がつぶれた状態になる病気で、急性のものと慢性のものがある。急性無気肺では空気がないことしか特徴はない。慢性無気肺では、空気がないことや、感染症、気管支拡張症、瘢痕化、破壊などが生じ、病変部が複雑に混ざっているのが特徴である。喫煙者には無気肺を発症するリスクが高くなる。

   無気肺の一般的な原因は、肺に直接つながっている2本の太い気管支の片方がふさがるためである。閉塞は気管支の内部に粘液の栓や主要、吸入した異物などがつまり起こる。また腫大したリンパ節、胸膜腔内にたまった胸水や空気など、外側から気管支が圧迫されて起こる。

   気道がふさがることで、閉じ込められた肺胞の中の空気は血液中に吸収され、肺胞は縮んで小さくなり、つぶれた肺組織は血球や血漿、粘液で満たされて感染を起こす。高速飛行をする戦闘機のパイロットは、飛行により生じた強い圧力で気道が塞ぎ、左右の肺の大部分の肺胞がつぶれる加速無気肺になる。無気肺は、正常な状態でも肺の形を保つ働きをするサーファクタントと呼ばれる液体の量や機能が低下しても起こる。

   急性無気肺は、腹部や胸部の手術後によく起こる合併症である。また、車の事故や、転落、刺し傷など胸部のけがにより発症することもある。これらの原因で起こる無気肺では肺胞のつぶれる程度にむらがなく、片肺以上の広範囲にわたってほとんどの肺胞が完全につぶれる。

   急性無気肺の発症リスクを増大させるおもな原因は、オピオイドや鎮痛薬の大量投与やきつい包帯、胸部または腹部に痛み、腹部膨張、体の固定などである。サーファクタントの量や機能低下による急性無気肺では、ほとんどの肺胞がつぶれ、様々なつぶれ方である。

   この場合、無気肺は両肺全体に及ぶこともあれば、肺の一部だけに限られることもある。サーファクタント欠損症の未熟児は新生児呼吸促進症候群に進行したのち急性無気肺を発症するため、サーファクタントを補充する治療を受ける必要がある。成人の場合、人工呼吸器や過剰な酸素吸入療法、また急性呼吸促迫症候群によりサーファクタントの機能が低下し、急性無気肺を起こす。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド