慢性無気肺について


   慢性無気肺は、中葉症候群と円形無気肺の2つの症状がある。中葉症候群では腫瘍やリンパ節腫大により、気管支が圧迫されて、右肺の中葉がつぶれる。閉塞し、つぶれた肺は治りにくい肺炎になり、慢性的な炎症、また瘢痕化、気管支拡張症を引きおこすことがある。

   また、円形無気肺は、別名 ひだ状肺症候群ともよばれ、肺を覆う胸膜が縮小化、瘢痕化を起こし、肺の外側の部分がゆっくりつぶれていく。X線で確認すると、円形の院影として現れるため、腫瘍と間違えやすい。円形無気肺は主に、アスベスト吸入による胸膜疾患に合併して起こることが多いが、胸膜の慢性的な瘢痕化などにより発症することもある。

   無気肺になると、肺組織の機能が低下し、息切れを起こす。またつぶれた状態の肺に血液が流れ続けるために、血中の酸素濃度が低下しチアノーゼと呼ばれる皮膚の色が青っぽくなる症状などがみられる。

   症状は発症要因や、気管支が閉塞する速さ、影響を受けた肺の範囲や感染症の有無などにより異なる。気管支の閉塞が急速に起こり、広範囲の肺組織が影響を受けると、血の気がなくなり、激しい息切れと鋭い肺の痛みがみられる。また血圧の急激な低下によるショックや感染症により発熱などがみられることもある。

   サーファクタントの量や機能低下により発症する広範囲の無気肺は、息切れ、血液中の酸素濃度の低下などの症状がでる。他、肺以外の臓器が起こす不整脈などのような血中の酸素濃度を低下させる要因などにより、症状が異なる。

   ゆっくり発症する無気肺はわずかな息切れや経度の心拍数増加などがある場合があるが、ほとんど症状がない場合が多い。中葉症候群や円形無気肺はとくに症状がない。まれに中葉症候群の患者に、乾いた咳が繰り返しでたり、回復が遅いうえ、感知しにくい肺炎を起こす患者もいる。

   医師は患者の症状、生活環境、診察所見などから無気肺を疑う。X線検査で空気のない部分がわかれば診断が確定できるが、息切れの症状があっても、X線では正常なこともある。気管支の閉塞の場合や肺のつぶれた状態が治らない場合はCT検査や気管支鏡検査、または両方の検査を行い、原因を突き止める。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド