ガングリオンの症状と治療 


   ガンクリオンはガングリオン嚢胞とも呼ばれる、手や手首に発症するゼリー状の腫瘤のことである。
   このガンクリオンは、20歳から50歳に多く発症し、特に女性は、男性の3倍近く多く発症している。
   ガングリオンは手首の甲側に特に多く発症し、その他では、手のひら側、手首や指の甲側、表皮から数ミリ下の粘膜嚢胞などに発症している。
   なぜ、手首にガングリオンができやすいのか、過去に受けた怪我に関係しているのではないかと考えられているが、くわしいことは、解明されていない。
   しかし、ガングリオンも指に発症した場合には、指先の関節の関節炎に関係して発症することがわかっている。

   ガングリオンは、皮膚の表面から盛り上がった状態で、円形か楕円形の硬い袋状になった腫瘤で、この腫瘤の中には、透明なゼリー状の粘性物質がふくまれている。
   ガングリオンは特に痛みはないが、不快感を感じるようである。
   この病気は、医師の診察で簡単に診断することができる。

   ガングリオンの治療では、一昔前であれば、テーブルなどの硬いものの上に手をおいて、硬い物で患部をたたいて潰すという方法がおこなわれていたようだが、この治療には、有効であるという根拠が無く、場合によっては、怪我をすることもあるので、行わない方が良い。
   ガングリオンは、自然に消えてしまうものもあり、外見上の問題があったり、大きくなり続けたり、不快感がある場合に行うことになる。
   治療は、注射器と針を使用し、ゼリー状の物質を吸引する。
   この様な治療は、ガングリオンを発症した患者の50%程が受けている。
   ガングリオンの不快感を軽減するために、コルチコステロイド懸濁液を注射することもある。

   また、患者の50%程は、手術を行いガングリオンを切除する必要があり、この場合には、約5%ほどの患者が再発する可能性がある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド